井上尚弥、未だ冷めない“70秒の戦慄” WBSS公式が脚光「スローバック・サーズデイ」

THE ANSWER / 2018年10月19日 10時0分

■世界に拡散された70秒KO劇、木曜に過去の名場面を振り返る企画で脚光ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦を突破したWBA王者・井上尚弥(大橋)。過去KO負けがなかった難敵フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を撃破した70秒KO劇は世界を震撼させたが、大会公式ツイッターが衝撃の秒殺シーンに再脚光。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング