宮原知子は「完璧だった」 貫禄V2に米名手も賛辞「エネルギーに満ち溢れている」

THE ANSWER / 2018年10月22日 14時3分

■平昌五輪団体銅メダルのリッポン称賛「彼女は完璧だった」フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは21日(日本時間22日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)が145.85点をマークし、合計219.71点で2連覇を達成した。2位は合計213.90点の坂本花織(シスメックス)が入り、日本勢が1、2位を独占した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング