写真

GP連勝を飾った羽生結弦【写真:AP】

■昨年も話題に…美少年フラワーキッズとの1年ぶり再会に反響「なんて優しい世界」フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が合計278.42点で優勝。ショートプログラム(SP)で世界最高得点110.53点を叩き出し、フリーは当日に右足首を痛めながら迫真の演技でGP連勝を飾った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング