写真

井上尚弥(左)とエマニエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

■WBSS準決勝で激突ロドリゲスの母国紙が脚光「ナオヤは自らのスキルに懸ける」ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。プエルトリコ紙で特集が組まれ、ライバルの母国で早くも熱視線を浴びている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング