写真

世界選手権で初優勝を飾ったアリーナ・ザギトワ【写真:AP】

■タイトル総なめにした16歳の今後に言及「もはや、彼女は自分の好きなことできる」フィギュアスケートの世界選手権女子は五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)が初優勝。一方で紀平梨花(関大KFSC)が4位に終わるなど、日本勢は表彰台を逃した。イタリアの解説者は大会を総括。その上でザギトワの今後について「引退」に触れた持論を語っている。イタリアメディア「OAスポーツ」が伝えている。ザギトワの優勝で幕を閉じた世界選手権。大会を振り返って総括しているのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング