写真

ピート・アロンソ【写真:Getty Images】

■アロンソが放った134m弾をカメラマン見失う珍事「画面の遥か上に…」米大リーグで圧巻の特大440フィート(約134メートル)弾が発生したが、あまりに飛びすぎて(?)カメラマンが追えず、見失う珍事が発生。実際の“画面越え特大弾”の模様を球団が動画付きで公開すると、ファンから「カメラマンさえ、ボールを追うのを諦めている」「そのボールは画面の遥か上に飛んでいた」と喝采が起こっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング