写真

259秒KOでIBF王者エマヌエル・ロドリゲスを下した井上尚弥【写真:Getty Images】

■リング誌はどうPFPのランキングを作成しているのかボクシングのWBA&IBFの2団体王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝に駒をを進めた。米専門誌「リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版でキャリア最高となる4位まで駆け上がった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング