写真

7位で内定を逃した福士加代子【写真:荒川祐史】

■暑さもなんの、女子最年長が力走「頑張ったけど、勝負はしてない」マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、10人が出場した女子は前田穂南(天満屋)が2時間25分15秒で1位となり、2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)ともに東京五輪に内定。5大会連続出場を目指した福士加代子(ワコール)は2時間33分29秒で7位となった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング