人口減少「多文化共生・多民族共生の社会目指す」 川勝平太静岡県知事

THE PAGE / 2017年3月21日 13時1分

昨年公表の国勢調査で日本の総人口が減少に転じ、自治体の人口減少をどのように捉えるか実施した首長インタビューで、静岡県の川勝平太知事は、県外への人口流出が増えた要因として、東日本大震災後に海辺のまちから内陸への移転が増加したことや、若い世代の憧れによる東京への転出など「心」の面での影響を挙げた。一方で対策として、在学中に切れ目なく静岡県の情報を届けるため、県外の大学と協定を結んだことや、世界クラスの自然、食材の王国という理想郷であることの情報発信などで多様な移住希望者を迎える「ポスト東京時代」を創ることに意欲を示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング