写真

米国デビューが決まった井上尚弥(左)の視線の先にはロマゴン(右)が。(写真・山口裕朗)

WBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(24、大橋)が9月9日に米国で同級7位のアントニオ・ニエベス(30、米)と6度目の防衛戦を行うことが19日、都内で発表された。大橋会長の「これが伝説の始まり。怪物がモンスターになる」という言葉通り、ロス郊外で予定されている米国デビュー戦は何から何まで異例尽くしだ。第一に米国デビュー戦で軽量級のトップ5が集結するビッグイベントのセミファイナルを務めること。メーンは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング