日本の農産物までガラパゴスなのか? 世界の「安全」とは基準が違う

2017年12月18日 13時6分

日本の農産物は世界でもっとも高品質というイメージがありますが、食の世界でもガラパゴス化が進んでいるとの指摘が出ています。政府は農業を輸出産業に育てようとしていますが、単純においしい食材を作ればよいという時代ではなくなってきました。 このところ農業関係者の間でグローバルGAPという認証が話題になるケースが増えています。グローバルGAPとは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング