震災から7年 福島の除染はほぼ終了、中間貯蔵施設の用地買収続く

THE PAGE / 2018年2月14日 17時14分

2011年3月に東京電力福島第一原子力発電所の事故が発生してから、まもなく7年。福島県内の除染作業がまもなく終わろうとしています。一方、除染作業で生じた廃棄物を保管するための中間貯蔵施設の用地買収が続いています。 福島市などの除染は2017年度中にも終了 福島第一原発事故によって放射性物質が大気中に放出され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング