海外メディアは韓国・李相花を慰めた小平奈緒のスポーツマンシップを絶賛

THE PAGE / 2018年2月19日 5時0分

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルが18日、当地の江陵オーバルで行われ、エースの小平奈緒(31、相沢病院)が36秒94で五輪新記録をマークして金メダルを獲得した。海外メディアも小平の快挙を一斉に報道したが、五輪3連覇を狙いながら銀メダルに終わった韓国の李相花(イ・サンファ)をレース後に慰めた小平のスポーツマンシップを賞賛するものが多くを占めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング