高木菜那金背景にリンク特性を生かす世界一カーブ滑走技術

THE PAGE / 2018年2月25日 7時16分

平昌五輪スピードスケートの新種目マススタートの1回戦、決勝が24日、当地で行われ高木菜那(25、日本電産サンキョー)が金メダルを獲得した。高木菜那はチームパシュートに続く2つ目の金メダル。日本の女子選手がひとつの大会で金メダルを2つ獲得するのは夏冬五輪を通じて初の快挙だ。同種目は16人で一周400メートルのトラックを16周する競技で4周ごとに上位3人にポイントが与えられ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング