東京ドームのムードを一変させた「7回の男」上原浩治の影響力

2018年3月21日 5時0分

凱旋帰国した巨人の上原浩治(42)の登場で東京ドームの空気が一瞬にしてガラっと変わった。地鳴りのような歓声。ライトスタンドには「おかえりなさい、上原浩治」の横断幕が出た。2008年11月の日本シリーズの西武戦以来、実に10年ぶりとなる本拠地マウンド。メジャー時代から使っている登場音楽「sandstorm」が響くと興奮は最高潮に。総合格闘技「PRIDE」で活躍したヴァンダレイ・シウバの小気味いい登場曲だ。「オープン戦なのにだいぶ緊張していた」と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング