写真

4失点の大谷は昨季の世界一チームに研究されていた(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

エンゼルスの大谷翔平(23)が24日(日本時間25日)敵地でのアストロズ戦に先発、7奪三振6安打4失点の内容で6回途中に降板。その後、一度、逆転を許したため大谷に勝ち負けはつかなかった。メジャー自己最速となる101マイル(163キロ)を2球マーク。前回の降板理由となった中指にできたマメの影響は見せなかったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング