なぜ悪質タックルをした日大選手は善悪を判断できずに暴走したのか?

THE PAGE / 2018年5月16日 6時11分

アメリカンフットボールの関学大対日大の定期戦(6日・アミノバイタルフィールド)において日大の守備選手(3年)が関学のQB選手(2年)に悪質な反則タックルを行い、全治3週間の負傷を負わせた問題についての疑問が今なお判明しない。日大の守備選手は、プレーを終え無防備な関学のQB選手に背後から“暴力”とも取れるタックルを仕掛けた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング