「ペルセウス座流星群」12日夜から見ごろ、今年は新月直後で好条件

2018年8月10日 19時47分

三大流星群の1つである「ペルセウス座流星群」が、12日夜から13日明け方にかけて見ごろを迎えます。今年は月の明かりの影響を受けないため、天候に恵まれれば、日本各地で好条件の流星観察が楽しめそうです。今回のペルセウス座流星群が極大となるのは、13日の午前10時ごろ。すでに太陽がのぼっており観察できませんので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング