写真

100年以上前から多くの船舶や航空機が消息を絶ってきた「魔の三角海域」ことバミューダ・トライアングルは世界的に有名だ。謎の失踪事件が相次ぐ要因について、現在では科学的な検証も行われており、真相の解明に向け、結論が出るのも時間の問題となった。 一方、中国国内にも多くの人々が原因不明の失踪を遂げるミステリースポットが存在する。古来より「呪われた湖」「さまよえる湖」と呼ばれてきたロプノール湖についてご紹介したい。    新疆ウイグル自治区のタリム盆地には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング