写真

吉本興業の闇営業問題はそろそろ収束しつつあるかのようにも見えるが、この問題以降、テレビ局では反社会的勢力と関係してそうなタレントを敬遠する動きもみられるという話がある。しかし、そうなればなるほど、反社にとっては繋がりをタレント側の弱みにできるところがあり、これを「反社のバブル状態」と見る向きもある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング