写真

15~16世紀にメキシコで栄えたアステカ帝国――。太陽を崇め、人間の生き血を栄養分として捧げるなど多くの人身御供が行われていたことでも知られているが、最近になりアステカ時代の人間の頭蓋骨や人骨でできた塔のようなものが発掘され、当時の生贄文化を研究する貴重なものとして考古学者たちの注目を集めているという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング