写真

米国ユタ州のケイティ・ウィッカーさん(21歳)は「トリーチャー・コリンズ症候群」の症状を持って誕生した。 ■トリーチャー・コリンズ症候群 ケイティさんは出生時に5万人に1人の割合で生まれてくるトリーチャー・コリンズ症候群と診断され、呼吸を助けるために気管切開を受けた。新生児の時のケイティさんは泣き声が誰にも聞こえないほどかすかで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング