写真

今年5月、中国広東省広州市の米総領事館職員が不可解な脳の損傷を負ったことで、米国務省が中国に滞在する米国市民に対し注意を喚起したことは記憶に新しい。当核職員は精密検査のため帰国し、「軽度外傷性脳損傷」と診断されたという。現在、中国政府も調査を行っているとしているが原因は一切不明だ。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/08/post_17522_entry.html】 ■米領事館へ音響攻撃か!? だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング