写真

現在、地球は史上6度目の大量絶滅期を迎えているといわれるが、それを裏付けるような不気味な研究結果が公表された。プエルトリコの熱帯雨林の長期調査で、昆虫が急減していることが明らかとなったのだ。海外メディアはこの恐ろしい事実を「バグポカリプス(bugpocalypse)」とセンセーショナルに伝えている。 【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/10/post_18494_entry.html】 ■急激に減りつつある昆虫 今月15日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング