写真

2018年もそろそろラストスパート。今年も様々な作品が公開されては爆死していったが、2018年の“爆死女優”代表といえば有村架純(25)だ。冬ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で主演を務めたが、初回視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という低調な滑り出しを見せる。 その後も相手役の岡田健史(19)が「カッコ良すぎ」と話題になるものの、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング