写真

コカインを使用して麻薬取締法違反に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(本名・瀧正則)の初公判が5日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役1年6か月を求刑した。法廷での瀧被告は殊勝な態度で、裁判官の質問にも自分の言葉で真摯に対応。情状証人には妻をチョイスせず、通院する医療施設の担当医を選び、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング