写真

香港「逃亡犯条例」改正、状況緊迫の背景から中国の思惑、経済的影響まで

6月15日、香港政府は、林鄭月娥(キャリー・ラム)香港行政長官が緊急記者会見を開き、立法会に提案した「逃亡犯条例」改正案の審議を無期限に延期すると発表しました。これまで、頑なに法案審議を推し進める姿勢を貫いてきた行政長官でしたが、世論の反対が大きいことが明らかとなり、方針転換せざるを得なくなりました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング