写真

米国半導体メーカー、ファーウェイとの取引停止で下方修正相次ぐ

ルーメンタムは「出荷再開見通せず」 米国商務省が中国ファーウェイとその関連企業68社を同省産業安全局(BIS)のエンティティリストに加え、事実上の取引禁止措置を打ち出したことで、業績見通しを下方修正する米国半導体メーカーが相次いでいる。問題解決が長引けば、今後も米国半導体メーカーの業績に大きなマイナスの影響を与えることになりそうだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング