写真

蓄電池の新用途は「空飛ぶクルマ」

全固体電池・リチウム硫黄電池を搭載 本記事の3つのポイント 「空飛ぶクルマ」の実用化のため、次世代蓄電池の開発が活発化している。既存のリチウムイオン電池(LiB)ではエネルギー密度が低いため、長い航続距離が得られない 空飛ぶクルマの蓄電池として期待されているのが、全固体電池とリチウム硫黄電池。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング