写真

仮想通貨事業者は危ういのか。不透明さがぬぐえない「みなし事業者」って何?

みなし事業者が生まれたきっかけは「改正資金決済法」 2018年1月、仮想通貨取引仲介事業者(以下、仮想通貨事業者)大手のコインチェックにおいて、外部からのハッキングにより、仮想通貨の一種である「NEM(ネム)」約580億円が流出するという事件が起きました。 現在も報道が続いていますが、その中で「コインチェックは、みなし事業者」という表現をよく見かけます。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング