写真

トヨタの「燃料電池車」急加速が見えてきた

豊田合成、フジキン、田中貴金属が揃い踏みで支援体制 「100年先を考えた場合の究極のエコカーは燃料電池車」と考えるトヨタの作戦が、ここに来てはっきり見え始めた。豊田合成は三重県いなべ市に燃料電池向けのタンクを作る大型の新工場建設を決定、フジキンもまた大阪工場に車載燃料電池用バルブの新ラインを設置、田中貴金属は燃料電池用触媒の生産ラインを7倍にする計画を打ち出し、部材向け各社の支援体制も急ピッチで進んできたのだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング