写真

急落後、急反発の日経平均。半導体ブーム復活の兆し?

急落後に急反発の日経平均、2万1,000円台の値固めが進む 先週(7月16~19日)の日経平均株価は18日に急落(前日比▲423円)後、翌19日に急反発(+420円)する波乱がありました。一週間では、219円下落し、2万1,466円となりました。 急落後の急反発は、テクニカルには底入れのシグナルとなることもあります。下値では買いを待っている資金があると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング