写真

イラン→中国:株式市場の焦点。米中「部分合意」前夜、最善と最悪シナリオは?

株式市場の注目は、イランから中国へ 年初、いきなり世界株安に見舞われたのは、米国・イラン間で緊張が高まり、一時「開戦は避けられない」と悲観が広がったからです。ところが直後に、米国・イランともに軍事衝突は望まず、これ以上緊張が高まらないように気を使っていることがわかり、安堵が広がったことで、株価は急反発しました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング