チェ・ゲバラだったら、今をどう生き抜くか 息子が語る没後50年経っても褪せない魅力

東洋経済オンライン / 2017年8月12日 8時0分

1959年7月25日。軍服を着たひげ面の男が広島・平和記念公園を訪れた。男の名はエルネスト・ラファエル・ゲバラ、通称チェ・ゲバラ。当時、キューバの工業大臣を務めていたゲバラは、急遽日程を変更して広島に向かったのである。原爆ドームを見学し、慰霊碑に献花を終えたゲバラはこう言ったという。「日本人は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング