人口減時代の経営戦略を真剣に考えるべきだ コラボ経営・変身経営・駆逐艦経営のススメ

東洋経済オンライン / 2017年9月14日 11時0分

日本の人口は2005年の1億2729人をピークに人口は毎年減少を続けています。そして、36年後の2053年には1億人を割ると、この4月(2017年)、国立社会保障・人口問題研究所が公表しました。これから36年で、現在1370万人の東京23区2つ分の人口が日本から消える勘定になります。 年々人口が減り続け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング