写真

大義なき選挙でも「勝ちは勝ち」となるのか。問題は選挙後のマーケットだ(2014年の衆院総選挙にて 撮影:尾形文繁)

■「大義」がなくても、選挙は権力を懸けた政権の勝負 9月20日ごろから「解散風」が吹き荒れて止まらなくなった。臨時国会は9月28日(木)に召集されるが、このままだと10月22日(日)投票で総選挙が行われる可能性が極めて大きい。臨時国会の冒頭に、施政方針演説も行わずに解散する予定だと報じられている。 「解散があるならこの日程であり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング