写真

演説するクルド自治政府議長。住民投票で独立多数となっても、独立への道は険しそうだ(写真:Ako Rasheed/ロイター)

イラク北部のクルド自治区でイラクからの独立の賛否を問う住民投票が9月25日に実施され、賛成多数となることが確実視されている。ただ、直ちに独立につながるものではない。マスウード・バルザーニ自治政府議長は、遅くとも2年以内にはイラク政府などとの交渉を終えて独立する考えを示しており、具体的な交渉はこれから始まる予定だ。交渉次第ではイラクが解体に向かうことになるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング