写真

三菱自動車が欧州を皮切りに、世界の主要市場に投入する新型SUV「エクリプス クロス」。拡販戦略を担う重要車種の一つだ(写真:三菱自動車)

燃費データ不正を機に日産自動車の傘下に入って約1年――。三菱自動車が“ゴーン流”の野心的な目標を掲げ、攻めの姿勢を鮮明にしてきた。 三菱自動車が10月18日に発表した3カ年の中期経営計画「ドライブ・フォー・グロース」。2019年度に世界販売を2016年度比4割増の130万台、売上高を同3割増の2.5兆円に伸ばす青写真をブチ上げた。カルロス・ゴーン会長はこの1年、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング