あのフェラーリが神聖な土俵に上がったワケ 創業70年の名門メーカーが日本に見出す商機

東洋経済オンライン / 2017年10月22日 8時0分

「これより、フェラーリ、ドリブンバイ、エモーション、セレブレーションを開催つかまつります」――。 東京の両国国技館。カンカンカンという甲高い拍子木の音に続き、相撲行司の34代木村庄之助氏がイベント名の「DrivenbyEmotion(情熱に突き動かされて)」を、力士を呼び出す口上のように宣言すると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング