もし石橋湛山が首相を長く続けていたならば 日経新聞の名物記者が湛山を振り返る

東洋経済オンライン / 2017年11月15日 8時0分

石橋湛山(1884−1973)は戦前期に東洋経済の記者、編集長、社長を務めたジャーナリスト。戦後は政治家に転じ、1956年12月には首相にのぼりつめた。ところが病に倒れ、わずか65日で首相を退いた。 湛山が健康を維持していたとしたら何が起きただろうか。その後の岸信介内閣はなく、日米関係は大きく異なったものになったかもしれない。戦後の経済政策の中軸も、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング