写真

場合によっては、中堅航空会社のよりもLCCのほうが高いこともある(筆者撮影)

マレーシアを本拠とする東南アジア最大級のLCC(格安航空会社)、エアアジアが4年ぶりに日本の国内線に再参入した。 エアアジアは2013年夏のANAホールディングスとの合弁解消に伴い、日本国内から一時撤退していた。その後、楽天やノエビアホールディングス、アルペンなど異色のパートナーを得て、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング