LCCの爆安価格が「値札通り」に乗れないワケ 各種手数料を加えたら中堅より高い場合も

東洋経済オンライン / 2017年11月15日 8時0分

マレーシアを本拠とする東南アジア最大級のLCC(格安航空会社)、エアアジアが4年ぶりに日本の国内線に再参入した。 エアアジアは2013年夏のANAホールディングスとの合弁解消に伴い、日本国内から一時撤退していた。その後、楽天やノエビアホールディングス、アルペンなど異色のパートナーを得て、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング