「感電自殺」を図った20歳男性の絶望と貧困 母親に「彼氏」ができるのが許せなかった

東洋経済オンライン / 2017年11月22日 7時0分

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。 ■高校生のときに感電自殺を図った 高校生のとき、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング