三国志の英雄たちは実は「ダメ上司」だった 曹操・諸葛亮は「リーダーの反面教師」だ

東洋経済オンライン / 2017年12月12日 10時0分

小説やゲームなどで親しまれ、現代人に「リーダーとはかくあるべき」との道筋を示しているといわれる三国志。しかし、その物語で語られている群雄たちの活躍の多くは、実は後年の作家・羅貫中(らかんちゅう)の小説『三国志演義』による“創作”にすぎない。 実際の英雄たちの姿は、後漢の歴史家・陳寿が記した歴史書・『正史三国志』に記されているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング