写真

「死にたい」とつぶやく背景にはさまざまな理由があるようです(撮影:今井康一)

前回(10代援交女子が「死にたい」から抜け出たワケ)、「死に方教えます」のDM(ダイレクトメッセージ)を受け取ったものの無視した都内の専門学校生(19)の話を伝えた。 中学2年生から援助交際をしていたが、サイバー補導されたことと彼氏ができたことをきっかけに「死にたい」とツイッターでつぶやく生活から脱出した、というものだった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング