アサヒが「ストロングビール」で勝負する理由 ビール市場縮小に歯止めをかけられるか

東洋経済オンライン / 2018年1月14日 8時0分

「ビールの定義が広がることは大きなチャンスだ。この新製品でビール市場に本格的に攻め込む」。アサヒビールの平野伸一社長は、ビールの新ブランド「グランマイルド」についてそう意気込んだ。 ■ビールに使える副原料が自由化 今年4月にアサヒが発売するグランマイルドは、アルコール度数7%の高アルコールビール。高アルコールのビールを開発するうえで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング