北朝鮮「核開発の資金源」は一体どこなのか 国連制裁の最前線で実際に起きていること

東洋経済オンライン / 2018年1月20日 13時0分

2017年11月29日未明、北朝鮮が発射したミサイルは、日米の防衛当局に衝撃を与えた。なぜならこの時発射された「火星(ファソン)15型」は、アメリカ本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったからだ。 ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は12月22日、北朝鮮への新たな経済制裁決議を全会一致で採択した。新たな制裁の柱はガソリンやディーゼル燃料、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング