「市民マラソン大会」激増の知られざる舞台裏 町おこしにつながるが競争はシビアに

東洋経済オンライン / 2018年2月14日 8時0分

「箱根駅伝」や「都道府県対抗駅伝」が終わる1月下旬から2月は、一般ランナーも参加できる「市民マラソン大会」が各地で開催される。早春と春は、秋と並ぶシーズンで、最も大きな大会「東京マラソン2018」は2月25日に開催予定だ。同大会が現在の形となったのは2007年で、ふだんはクルマであふれる首都・東京の公道と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング