「日経平均2万円割れ」の懸念は消えたのか ドル安円高は1ドル=105円を超えて進むのか

東洋経済オンライン / 2018年2月19日 11時0分

日米株価の調整が進んだ。NY(ニューヨーク)ダウ工業株指数は2月9日(金)のザラ場安値2万3360ドル、日経平均株価は2月14日(水)の同2万0950円で、底値を形成した可能性が高い。 それぞれの安値が、振り返ってみれば今年の最安値であった、ということになると考えているが、もちろん、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング