「30歳目前の銀行員」が転職を決めた真の理由 マイナス金利やAIのせいだけではない

東洋経済オンライン / 2018年2月21日 8時0分

年収200万円ダウン――。 採用内定時の給与提示を見ても、田島泰雄さん(仮名)の転職意思は揺るがなかった。「目先の給与よりも、将来の目標に近づくことが大事。もうすぐ30代を迎える。このまま行くと職位も上がり、引き返すことが難しくなりそうだから、今、決断しなければ」と、転職を決意した1年ほど前のことを振り返る。 田島さんは新卒で大手銀行に入行。大学時代から「いずれ独立起業したい」という想いがあった。就職活動では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング